日経新聞 この一冊(2022年)

日本経済新聞の書評『この一冊』で、2022年に紹介された本の一覧です。



書評選択



2022年1月8日(土):【この一冊】

『産業革命史』技術革新が動かす国際秩序

開志専門職大学事業創造学部長:徳田 賢二

2022年1月15日(土):【この一冊】

『ビルマ 危機の本質』不毛な政治対立と格差の傷

上智大学教授:根本 敬

2022年1月22日(土):【この一冊】

『西太平洋連合のすすめ』米中含まぬ地域秩序を提案

東京国際大学教授:武田 康裕

2022年1月29日(土):【この一冊】

『ネイビーシールズ』米特殊作戦をトップが回顧

防衛研究所社会・経済研究室長:塚本 勝也


2022年2月5日(土):【この一冊】

『日本半導体 復権への道』ロボット関連産業の開拓を

上武大学教授:小関 広洋

2022年2月12日(土):【この一冊】

『ウイグル大虐殺からの生還』人権侵害の実態 冷静に語る

明治大学准教授:水谷 尚子

2022年2月19日(土):【この一冊】

『アクティブ・メジャーズ』ソ連とロシアの偽情報活動

京都大学教授:中西 寛

2022年2月26日(土):【この一冊】

『NOISE(上・下)』判断のバラツキ減らす手法

東京大学教授:岡崎 哲二


2022年3月5日(土):【この一冊】

『戦争の未来』「次」をどう予測してきたか

日本大学教授:小谷 賢

2022年3月12日(土):【この一冊】

『PERIL危機』米政権移行期の混乱を活写

同志社大学教授:村田 晃嗣

2022年3月19日(土):【この一冊】

『ウーバー戦記』創業者の情熱と暴走の帰結

昭和女子大学教授:湯川 抗

2022年3月26日(土):【この一冊】

『mRNAワクチンの衝撃』開発物語に見る成功の本質

ノンフィクションライター:野村 進


2022年4月2日(土):【この一冊】

『AI監獄ウイグル』21世紀型の超監視体制

記号学者:石田 英敬

2022年4月9日(土):【この一冊】

『世界はコロナとどう闘ったのか?』危機の1年、全体像を俯瞰

関西大学教授:地主 敏樹

2022年4月16日(土):【この一冊】

『給料はあなたの価値なのか』 行き過ぎた株主主義を批判

昭和女子大学特命教授:八代 尚宏

2022年4月23日(土):【この一冊】

『アダム・スミス 共感の経済学』歪曲された偉人 全貌に迫る

慶応大学教授:藤田 康範

2022年4月30日(土):【この一冊】

『なぜ人類は戦争で文化破壊を繰り返すのか』もう一つのジェノサイド

元東京芸術大学特任教授:井上 隆史


2022年5月7日(土):【この一冊】

『チェルノブイリ』「核の脅威」のもたらす悲惨

長崎大学核兵器廃絶研究センター副センター長:鈴木 達治郎

2022年5月14日(土):【この一冊】

『WORLD WITHOUT WORK』「AI失業」危機の処方箋

中央大学名誉教授:田中 洋

2022年5月21日(土):【この一冊】

『キャッチ・アンド・キル』米メディア界 性的搾取の闇

東京大学教授:田中 東子

2022年5月28日(土):【この一冊】

『中国経済の謎』バブル大崩壊を避ける手腕

東京大学教授:丸川 知雄


2022年6月4日(土):【この一冊】

『魔術師と予言者』文明を巡る2つの世界観

総合研究大学院大学長:長谷川 眞理子

2022年6月11日(土):【この一冊】

『太平洋の試練 レイテから終戦まで(上・下)』戦争、日米の誤算と重い犠牲

防衛研究所社会・経済研究室長:塚本 勝也

2022年6月18日(土):【この一冊】

『危機の外交 岡本行夫自伝』外務省「改革派」と日米関係史

学習院大学教授:井上 寿一

2022年6月25日(土):【この一冊】

『シェール革命』米国 天然ガス掘削の内幕

一橋大学教授:福富 満久


2022年7月2日(土):【この一冊】

『ジャカルタ・メソッド』民主主義の虚構、暴力の連鎖

東京国際大学教授:武田 康裕