日経新聞 半歩遅れの読書術(2022年)

日本経済新聞の書評『半歩遅れの読書術』で、2022年に紹介された本の一覧です。



書評選択



2022年1月8日(土):【半歩遅れの読書術】

風変わりな挿絵、レトロな装丁… 佇まい慈しむ児童文学

小説家:桐野 夏生

2022年1月15日(土):【半歩遅れの読書術】

過酷な砂漠の旅で得た共感 犬好きの頬緩め、濡らす

小説家:桐野 夏生

2022年1月22日(土):【半歩遅れの読書術】

寂寥描く林芙美子の筆の力 生きるための行いの気高さ

小説家:桐野 夏生

2022年1月29日(土):【半歩遅れの読書術】

小説とは?吉田喜重の実験 虚構の中に見いだす真実

小説家:桐野 夏生


2022年2月5日(土):【半歩遅れの読書術】

「親ガチャ」超える人生の知恵 今、ここで学び、生きて、咲く

万葉学者:上野 誠

2022年2月12日(土):【半歩遅れの読書術】

本物は意外な顔をしている 経済学が問う未来と幸福

万葉学者:上野 誠

2022年2月19日(土):【半歩遅れの読書術】

英語で仏教語った鈴木大拙  文明の対話者の暮らしぶり

万葉学者:上野 誠

2022年2月26日(土):【半歩遅れの読書術】

歴史は書き手の今を映す鏡 文学と離れまた近づいて

万葉学者:上野 誠


2022年3月5日(土):【半歩遅れの読書術】

宇宙は相互作用で存在する 仏教と呼応する現代科学

作家:夢枕 獏

2022年3月12日(土):【半歩遅れの読書術】

古い神たどり縄文にはまる 「土偶は植物」新説に驚き

作家:夢枕 獏

2022年3月19日(土):【半歩遅れの読書術】

手に取るたび物語のタネ 2行でたちまち心は長安

作家:夢枕 獏

2022年3月26日(土):【半歩遅れの読書術】

澁澤龍彦の遺作を漫画に あやしい暗喩 比類なき美

作家:夢枕 獏


2022年4月2日(土):【半歩遅れの読書術】

『刀伊の入寇』に学ぶ侵略と国防 「日本最古」に立ち返り考察

作家:今村 翔吾

2022年4月9日(土):【半歩遅れの読書術】

滅びの美学と『新選組血風録』 時代駆ける若者の光芒

作家:今村 翔吾

2022年4月16日(土):【半歩遅れの読書術】

南北朝期を描く北方謙三『悪党の裔』 夢と葛藤、過程こそ歴史

作家:今村 翔吾

2022年4月23日(土):【半歩遅れの読書術】

後輩作家の戦国騎馬隊小説 歴史切り取る独自の視点

作家:今村 翔吾

2022年4月30日(土):【半歩遅れの読書術】

戦国武将も憧れた「平家物語」 武士像の原点、美文で鑑賞

作家:今村 翔吾


2022年5月7日(土):【半歩遅れの読書術】

本の虫だった17歳での『スキップ』 心を打つ物語は古びない

作家:澤田 瞳子